Posted by at

「ミラクル7号」ナナちゃんのお菓子

映画「ミラクル7号」の日本での公開に伴い、映画に登場する謎の地球外生命体、ナナちゃんのグッズが求める人が増えています。映画を見終わった人の中には、ナナちゃんの愛らしさに魅了され、劇場員にナナちゃんグッズの販売について質問をする人もいるようです。
一口に映画グッズといっても現在ではさまざまな種類がありますが、クリアファイル、ポスター、ぬいぐるみ、携帯ストラップなどは代表的な映画グッズです。人気の高い映画ほど、多くの種類のグッズが販売されています。
「ミラクル7号」は子どもにも解かりやすいストーリーで、映画館には親子で鑑賞する姿もみられます。そこで、ナナちゃんグッズとしてお菓子が販売されたら、子ども達に喜ばれるのではないでしょうか
2001年から日本で公開された映画「ハリーポッター」シリーズは、各シリーズとも大ヒットとなりましたが、「ミラクル7号」と同様に子どもも楽しめる映画です。
その「ハリーポッター」のグッズでは、色々なお菓子が販売されて人気を集めています。販売されているお菓子はクッキー、あめ、チョコレート、ラムネ菓子、ゼリーなど種類も豊富で、パッケージが「ハリーポッター」のイラストになっているだけで日常のおやつや、プレゼントに喜ばれています。ぬいぐるみや携帯ストラップより手頃な価格なのも魅力でしょう。
大人が映画を観た記念にクリアファイルを買い求めるのと同様に、子どもにはナナちゃんのお菓子を買ってあげるというのも悪くないでしょう。
  


Posted by kyoko at 09:15

「ミラクル7号」ナナちゃんの絵本

「ミラクル7号」のナナちゃんは、その愛らしさから幅広い年代から人気を集めているキャラクターです。そんな愛らしいナナちゃんを、映画の中だけにとどめておくのはもったいないことです。
既に日本でもナナちゃんはぬいぐるみやキーホルダーなどのグッズとなって販売されていますが、ナナちゃんが子どもにも読める絵本になったら、さらに多くの人にナナちゃんの愛らしさが伝わるのではないでしょうか。
絵本は赤ちゃんから大人まで楽しめる読み物です。かわいらしいキャラクターの絵本なら、ストーリーがわからない赤ちゃんでも何度もめくって遊ぶでしょう。自分で絵本が読めるようになる小学生には、いろいろな絵本を読むことで世界を広げることができます。
また、最近では癒しを求める大人にも絵本は読まれています。慌しい毎日を送っている大人にとって、絵本はゆっくりとしたひと時をつくり、リフレッシュするための一つの方法です。
子犬のように健気で愛らしいナナちゃんは、絵本のキャラクターとしては最適といえます。
ナナちゃんがもし絵本になったなら、ストーリーは映画よりもっと子ども向けの優しいものにしたほうがいいかもしれません。
映画「ミラクル7号」の趣旨をくんで、父親の愛情を教える内容でもよいでしょう。また、物を大事に扱うこと、お金より心が大切だということを教えるストーリーだと尚よいでしょう。
このようなナナちゃんの絵本が登場したら、ナナちゃんは子どもの心の成長において重要な役割を果たすことでしょう。
  


Posted by kyoko at 09:15

「ミラクル7号」ナナちゃんの壁紙

近年、話題となっている映画の多くは壁紙がデザインされています。
映画「ミラクル7号」の壁紙も数種類ほど製作され、現在もweb上でダウンロードして使用することができます。しかしいずれの壁紙も主人公のディッキーや父親のティーをメインにしたもので、ナナちゃんは「謎の地球外生命体」という存在が強調された構成になっています。これは映画の集客作戦の一つで仕方のないことなのでしょうが、ナナちゃんファンにとっては愛らしい表情が見られずとてもさびしい壁紙といえるでしょう。
そこでナナちゃんグッズの一つとして、ナナちゃんがメインとなった壁紙が制作されたら、きっと多くのナナちゃんファンにダウンロードされるのではないでしょうか。
壁紙はパソコンのデスクトップの背景画像のことですが、最も目にする頻度の多い画像です。それだけにパソコン使用者は壁紙を定期的に変えて気分転換したり、こだわった壁紙に設定して楽しんでいます。
壁紙専用の画像ではなくても、webサイトからダウンロードしたり、デジタルカメラで取り込むこともできますが、ナナちゃんは映画のストーリー上で謎の生命体であるだけに、web上に映画で見たような愛らしい画像を見つけるのは困難なことです。映画でみた愛らしいナナちゃんをそのまま壁紙に設定するためには、壁紙専用の画像として製作されることが望まれます。
仕事場のパソコン画面にナナちゃんの壁紙が設定されていたら、きっと仕事仲間の注目を集めることでしょう。そしてパソコンを開くのが楽しくなるに違いありません。
  


Posted by kyoko at 09:15